新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報

ISO39001:2012を認証取得しました

2016年5月12日(木)にISO39001:2012を認証取得しました。

【審査】

認証機関:日本検査キューエイ株式会社
1st審査:2016年2月12日(金)
2nd審査:2016年3月22日(火)〜24日(木)

【登録範囲】

産業廃棄物及び事業系一般廃棄物の収集運搬

【方針】

モラルの向上とチームワークを駆使し、ISOの仕組みを取り入れて事故の撲滅を図る

【目標】

●交通事故による死亡、重大な負傷者の撲滅
●有責事故の削減

認証を取得したことに満足することなく、PDCAの確実な運用を実施し、道路交通安全のために今後も取り組んでまいります。

ISO39001登録証

【ISO39001登録証】

登録証授与式の様子1

【登録証授与式の様子1】
(日本検査キューエイ(株)川崎社長(右)と弊社代表取締役 木下(左))

登録証授与式の様子2

【登録証授与式の様子2】
(前列中央 弊社・上野(ISO39001事務局))

本店移転のお知らせ

かねてより準備を進めてまいりました本店移転をする事となりました。
5月29日より下記の新本社で営業を開始する運びと相成りました。

今般の移転でJR東所沢駅より徒歩5分の場所となりましたので、これを機に多くの皆様に弊社とのご交誼を深めて頂ければ幸いです。

移転先 〒359-0023
埼玉県所沢市東所沢和田三丁目1番地10
代表 TEL 04-2944-3737
営業部 TEL 04-2946-0111 FAX 04-2945-1311
事業本部・所沢工場 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下1142番地
※工場所在地は変更ありません

弊社・営業本部が移転致します

この度、人員配置の再構築を図り、業務効率の向上に資するため、弊社営業本部(営業部・総務部)が移転する運びとなりました。

これを機に従業員一同、更に社業に専心努力する所存です。
今後とも、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

移転後所在地) 〒359-0023
埼玉県所沢市東所沢和田3丁目1番10号
営業開始日) 平成24年 3月19日(月)

●上記期日以降、営業本部への郵送物は、移転先住所にお願い致します。

●移転に伴う電話番号、FAX番号の変更はございません。(従来の番号へお掛け下さい。)

●本社(業務部・所沢工場)及び東京支店は従来通りです。

●旧・営業本部より徒歩で2分程度となります。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい。移転後の案内図はこちらからご確認いただけます。

お知らせ

この度の東北地方太平洋沖大地震により被災された方、またその関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

弊社ではご契約のお客様へのご負担を最小限度に抑えられるように、運搬車両用の燃料の確保やクリーンセンター・リサイクル施設等搬入先の情報収集など、全社をあげて取り組んでおります。

ご不明な点やお気づきの点がございましたら、窓口までお問い合わせ下さい。

営業本部  :04-2946-0111 月曜日〜金曜日
本社業務部:04-2944-1896 無休

「産廃エキスパート」の認定を受けました

当社は平成22年2月10日付けで、「産廃エキスパート」の認定を受けました。

この認定は、東京都の産業廃棄物処理業の許可を有する処理業者の中で、適正処理や資源化及び環境に与える負荷の少ない取組を行っている優良な業者を、東京都から指定された第三者評価機関である(財)東京都環境整備公社が公正な審査を行い、評価・認定する制度です。

認定は事業内容や取り組み状況によって、次の2種類の認定区分に分類されます。
①「産廃エキスパート(第一種評価基準適合業者)」・・・業界のトップランナー的業者
②「産廃プロフェッショナル(第二種評価基準適合業者)」・・・業界の中核的役割を担う優良業者

審査基準には「処理事業の信頼度の高さ(順法性・安定性)」、「環境に配慮したより高度な取組みを実施しているか」等があり、こうした基準を総合的に審査されます。当社は適合業者の中でもより上位にある「産廃エキスパート」の認定を受けることができました。

今後もこの栄誉ある「産廃エキスパート」の称号に相応しい事業活動を行っていく所存です。
(「認定証」はこちらからご確認いただけます。)

家電リサイクル料金が一部変更となりました

平成20年11月より、家電リサイクル料金の一部が変更となりました。今まで画面サイズや内容積に関わらず一定の料金設定であった「テレビ」、「冷蔵庫・冷凍庫」のリサイクル料金がそのサイズの小・大よって区分されるようになりました。詳細についてはこちらからご確認下さい。

当社グループ会社((株)ジェイ・アール・エス)ホームページ開設のお知らせ

食品リサイクル法対応工場を運営しております、当社グループ会社(株)ジェイ・アール・エスがホームページを開設いたしました。リサイクルフローや受入基準等をご案内させていただいております。食品リサイクルをご検討されていらっしゃる排出事業者様に是非一度ご高覧いただければと存じます。

(株)ジェイ・アール・エス/ホームページURL http://jrs-eco.com

「食品リサイクル法」対応工場本格稼働のお知らせ

当社グループ会社「株式会社ジェイ・アール・エス」がかねてより取り組んでおりました食品リサイクル法に対応する食品循環資源の肥料化・飼料化のリサイクル工場が4月より本格稼働いたしました。
当工場は、所沢市西部・三ヶ島工業団地(所沢市林)に所在し、1日あたり37.5tの処理が可能です。埼玉県、所沢市の処分業許可のほか、主務省・二大臣からの「再生利用事業者登録」の認定も受けております。
当工場に関してのお問い合わせは・・・

連絡先 株式会社ジェイ・アール・エス
埼玉県所沢市東所沢2-1-18
TEL:04-2946-0111
担当者 稲垣(イナガキ)・西(ニシ)・下村(シモムラ)

【株式会社ジェイ・アール・エス/代表取締役・木下公次のコメント】
食品リサイクル法の趣旨に沿い、未利用食品の適正且つ適性な処理を通じて、循環型社会の形成に寄与できる工場を目指したいと存じます。リサイクルされた肥・飼料は農・畜産業の方々にお使いいただくという観点から更なる高品質な製品(肥・飼料)化を目指して邁進して参ります。まだまだスタートしたばかりの工場でございます、皆様方のご指導ご鞭撻を賜りたく何卒宜しくお願い申し上げます。

再生利用事業者登録証明書

【再生利用事業者登録証明書】

(株)ジェイ・アール・エス 三ヶ島工場

【(株)ジェイ・アール・エス 三ヶ島工場】

「環境学習応援隊」への協力に対し感謝状をいただきました

埼玉県は平成18年1月に県内の小中高等校における環境学習を支援する取組である「環境学習応援隊」制度を創設致しました。これは各教育現場への環境学習の実施に際して、学習プログラムや人材を提供する際の協賛金等を埼玉県が調整役となり民間企業から募るものであります。
今回当社は、地元の柳瀬(やなせ)小学校の環境学習の一助となるよう本取組に協力いたしました。柳瀬小学校5年生(2クラス79名)は、「やなせ地区の環境を考えよう」というテーマのもと、市内を流れる河川の水質検査等を実施。4時間の学習を通じて、郷土河川の現状を知り、環境への関心を高めていただけたようです。弊社は今回の学習プログラムに使用する検査器具・器材の購入資金の協賛のほか、食品リサイクルに関する出張講演を実施致しました。
こうした取組への協力に対して、平成18年3月22日、知事公館にて感謝状の贈呈式が行われ、弊社専務取締役・宮島と担当した営業部主任・西が出席。上田知事より感謝状を頂戴いたしました。

感謝状

【感謝状】

柳瀬小学校での講演の様子

【柳瀬小学校での講演の様子】
(冒頭で挨拶する当社社長・木下)

「彩の国工場」に指定されました

平成17年11月、弊社・所沢工場が「彩の国工場」に指定されました。
彩の国工場の指定制度は埼玉県が平成6年度より「地域に開かれ、地域に愛される工場づくり」の推進を目指し、工場の作業環境への配慮、工場外観の美化、社会貢献活動の実施等の取組状況を勘案し、現在迄に埼玉県内の289社(工場)が指定されています。今般、平成17年度の指定工場として、弊社を含め24社の工場が新たに「彩の国工場」に指定されることとなりました。所沢市内では4社(工場)目、廃棄物処理業の工場としては初の指定工場となりました。
指定にあたり11月8日に埼玉県知事公館にて指定式が行われ、上田知事より各社代表へ指定書が手渡されました。指定を受けた工場として他の工場の模範となるよう、尚一層、業務に精励する所存でございます。

「彩の国工場」指定書

「彩の国工場」指定書

柳瀬小学校での講演の様子

指定書を手に上田知事と撮影
【右より弊社専務取締役・宮島、上田知事、
弊社代表取締役・木下、同取締役部長・菊池】

ISO14001:2004年版への移行対応

弊社では昨年8月にISO14001の認証を取得したところでありますが、ISOの規格要求が2004年版に移行したこともあり、本年8月に弊社の環境マネジメントシステム(EMS)の運用状況確認を行う定期審査に併せ2004年版の移行審査も同時に行われました。審査の結果、2004年版への規格要求に適合している事が認められ、2004年版の登録証が交付されました。(登録証のご確認はこちらから)
弊社のISO14001の取組も早1年を過ぎ、従業員の意識向上、環境活動への積極関与等まだまだ向上の余地があるように思います。今後もEMSのレベル向上に向け邁進する所存でございますので、皆様方の引き続きましてのご指導、ご鞭撻を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

産業廃棄物収集運搬業許可を新規取得

平成16年11月に茨城県、栃木県、宇都宮市の産業廃棄物収集運搬業許可を取得致しました。これにより弊社の産業廃棄物収集運搬エリアが拡大し、北関東全域での収集運搬が可能となりました (取扱い品目はこちらからご確認いただけます)。
北関東エリアの排出事業者の皆様、また、処分契約先がこちらのエリアに存在する排出事業者様からのお問い合わせをお待ち申し上げております。

二輪車リサイクルシステムがスタートしています

本年10月1日より、二輪車国内製造メーカー4社(本田技研工業(株)、ヤマハ発動機(株)、スズキ(株)、川崎重工業(株))と、参加輸入事業者・販売事業者(別掲のとおり)が協力、それぞれが役割分担をして、廃棄オートバイ(廃棄二輪車)の回収と適正処理、リサイクルを促進するための自主取組みがスタートしています。
弊社では、家電リサイクル法に基づく指定引取場所(Aグループ)に続き、本取組における、指定引取場所(窓口)となっております。個人の方の直接持込み(但し、必ず事前に郵便局にてリサイクル料金を支払った場合に限ります)もお受けしております。
リサイクル料金等、リサイクルシステムの詳細はお手数ではございますが、弊社営業部担当までお問い合わせ下さい。(TEL : 04-2946-0111)

【参加輸入事業者/販売事業者】

(株)成川商会、(株)カジバ・ジャパン、泣Aプリリアジャパン、(株)福田モーター商会、(株)キムコ・ジャパン、(株)プレストコーポレーション、泣uライト、ドゥカティジャパン(株)、ビー・エム・ダブリュー(株)、トライアンフ・ジャパン(株)、(株)エムズ商会

中越地震被災地への復興支援

さきに発生した新潟県中越地震の被災地へ廃棄物収集のための車両、人員を弊社から派遣、復興支援活動を展開致しました。これは新潟県より弊社が加盟する東京廃棄物事業協同組合への緊急協力要請を受け、組合各社から弊社を含む有志15社が支援活動に赴いたものです。11月4日から現地入りし、長岡市内で発生する生活ゴミ等の運搬を担い、当初予定の1週間で全量の運搬を完了、11月11日に帰京致しました。復興支援活動に参加した弊社運転手・佐藤洋介は「避難生活を余儀なくされている被災地の皆さんに、ほんの少しでも自分が力になれたのならば嬉しいです。」と、今回の支援活動を振り返り述懐しておりました。
又、社内で義援金を募り、11月10日付けにて所沢市保健福祉部を通じて寄付をさせて頂きました。
被災地の一日も早い復興を心より祈念申し上げます。

復興支援活動・出発式の様子

復興支援活動・出発式の様子
(前列左から3番目が弊社・佐藤【11月4日:関越自動車道/三芳PAにて】)

ISO14001の認証を取得致しました

2004年8月26日にISO14001を認証取得いたしました。これもひとえに、皆様の暖かいご指導とご鞭撻があったからこそと心より深謝申し上げます。(尚、こちらから当社の環境方針が閲覧できます。)
昨年11月28日のキックオフ以来、約9ヶ月を経て、「少しでも環境負荷の低減ができるように」と、弊社従業員の一人一人が環境に対してより一層の関心、意識を持ち日々の業務に取り組むようになって参りました。認証取得したことだけに満足することなく、ISO14001の理念である継続的改善、PDCAの確実な運用を実施し、今後も環境負荷の低減とより積極的な資源循環、リサイクルの推進に資する企業を目指し邁進する所存でございます。
認証取得が弊社のみの成果にとどまることなく、ご愛顧頂いておりますお客様のニーズにお応えすることができれば幸甚でございます。

登録証
登録証
登録証授与式の様子

登録証授与式の様子
【日本検査キューエイ(株)西谷社長(左)と
弊社専務取締役・宮島(右)】

弊社組織変更のお知らせ

平成16年8月1日付けにて、弊社組織の一部を統廃合致しました。
今回の統廃合は組織を集約しスリム化することにより、各部署間の調整やコミュニケーションを迅速且つ円滑に行うことを目指し実施致しました。この統廃合により日常業務の効率向上、情報の共有化、連絡体制の強化を図れることなどの効果を期待しており、社内はもちろんのこと、お客様への対応等社外へもその効果が反映がされればと考えております。

・今回廃止された部署/企画室(業務部管理課へ統廃合)
・今回新設された部署/業務部管理課

組織図